従来のGAITは2022年3月にサービス提供を終了します。

GAITとは

ベンダーニュートラルなIT試験

特定の国、組織・団体、ベンダーに依存しない国際的なIT試験です。

7つの分野、22のカテゴリを網羅

出題範囲は、クラウド時代に必要とされる複数の分野を横断的に網羅しています。

最新の技術動向を反映

最新の技術動向をカバーできるよう、試験問題は常にアップデートされています。

ITスキルを数値化

試験のスコアによって、ITスキルのレベルを客観的に評価することができます。

企業に導入できる

従業員のITスキルの可視化・向上を目的として、多くの企業に導入されています。

GAIT 受験要項

個人向け 企業向け
出題形式 単一回答/複数回答
出題数 176問※1
試験時間 65分 ※1
受験言語 受験言語: 日本語、英語
受験料 8,500円(税込9,350円)
受験日 指定された「受験開始日」から14日以内に受験してください。
スコア スコア: 0~990点
試験結果  スコアレアポートは、後日 My Pageからダウンロードが可能。
リテイクポリシー* 14日間
支払方法 クレジットカード、コンビニ払い、銀行振込 月末締め翌月末払い

※1:団体受験のみ従来の試験(132問/52分)も引き続きご用意しております。

*リテイクポリシー: 再受験の場合にリテイクポリシー14日間が適用されます。2回目の受験については、受験日から起算して14日目以降(土日含む)より可能となります。3回目以降も同様です。

フィールドとカテゴリ

フィールド カテゴリ カテゴリ詳細
データベース DB-1 実装 DML
DDL
DCL
ストアドプロシージャ
DB-2 DB管理 概要
導入
チューニング
運用
DB-3 DB設計 概念設計
論理設計
物理設計
OS OS-1 リテラシ OSの役割
OSの種類
OSの概要
OS-2 Windows インストール
設定
管理
OS-3 UNIX&Linux インストール
設定
管理
アプリケーション AP-1 リテラシ ソフトウェアの利用
ソフトウェアの設定
ソフトウェアの導入
AP-2 設計 ソフトウェア品質
システム設計の役割
表記法
AP-3 実装 データフォーマット
プログラミング
ソフトウェア開発環境
AP-4 開発プロセス 開発プロセスの種類
テスト技法
アルゴリズム
ストレージ SG-1 リテラシ ハードウェア
設計/構築
運用/保守
SG-2 データ保護 RAID概要
設計/構築
運用/保守
SG-3 データ管理 バックアップ概要
設計/構築
運用/保守
セキュリティ SC-1 リテラシ セキュリティ防御手法
暗号化技術
情報セキュリティの概念
SC-2 インフラストラクチャ 情報セキュリティインフラストラクチャ
認証技術
ネットワーク機器のセキュリティ
暗号化技術の応用
セキュアプロトコル
SC-3 クラッキング セキュリティ攻撃手法
SC-4 セキュリティポリシー 組織レベルのセキュリティ
個人レベルのセキュリティ
ネットワーク NW-1 リテラシ ネットワークの概要
機能とプロトコル
インターネットアプリケーション
NW-2 インフラストラクチャ デバイス1(L1-L3)
デバイス2(L4-L7、その他)
設計/構築
NW-3 モバイル モバイル
ソーシャルネットワーク
仮想化 VR-1 リテラシ 仮想化の概要
仮想化のアーキテクチャ
仮想化とクラウドコンピューティング
VR-2 インフラストラクチャ 仮想化環境の設計
仮想化環境の構築
仮想化環境の運用・管理

GAITを今すぐ受験する

GAITは、インターネット経由で、すぐに受験することができます。

GAITを企業に導入する

実務での即戦力を把握し、公平な人事評価と適切な育成計画を実現

GAITについてのお問い合わせ

GAITの企業や教育機関における導入や導入後の活用と成果、具体的な導入事例など、お気軽にお問い合わせください。