ソフトバンク コマース&サービス株式会社

群を抜く高い成績で、さらなるビジネスの加速へ

IT関連製品の製造や流通、販売、サービスの提供を通して、お客様のIT課題を幅広く解決するソフトバンク コマース&サービス株式会社。同社ではGAITを活用し、エンジニアのITスキルを可視化。エンジニアのスキルアップへの指針を探る一方、これまで多くのお客様に評価されていた技術力の高さを再確認できた。GAIT導入の理由や効果とともに、実際に受験したエンジニアからも話を聞いた。

IT業界では、エンジニアも多岐にわたって幅広い技術力を持たなければならない時代です。そうした流れに対応できるエンジニアを育成するためにも、GAITを活用していきたいと考えています。メーカーやお客様からも慕われるエンジニアを目指し、さらに進化していきます(萩原氏)

競争の激しいIT業界において、自社の強みをビジネスに生かすことは重要だ。しかし、特に「技術力」は目に見えず、数値化しにくいため、客観的な指標で見極めていくことが必要となる。
ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、IT関連製品の製造・流通・販売から、IT関連サービスの提供などを行っている企業だ。その中でもICT事業本部MD本部 C&S技術統括部は、ネットワークやセキュリティ、モバイル、クラウド、仮想化など、先進のIT製品やサービスにおいて、プリセールス活動・案件対応の実施や運用保守サービスの提供などを担当している。

C&S技術統括部 ソリューションテクノロジー部 部長 堀田 哲氏は、「当社の技術力は、お客様からも高い評価をいただいています。社内教育に関しては、全社的なeラーニングの仕組みもありますが、特に業務では、担当しているメーカー様のプロダクトに特化した知識や技術力が必要となるので、個別に教育や、情報共有を行っています」と話す。

同部では、担当するプログラムごとにチーム制を採用。それぞれのチームの中でオリジナルの教育カリキュラムを実践している。C&S技術統括部 統括部長 萩原 敦氏は、「オリジナルのカリキュラムによって最新技術を身につけるのに加えて、メーカーによる独自のトレーニングコースや資格も活用してエンジニアの育成に努めています」と語る。実際同社には、シスコ技術者認定プログラムの最高位である「CCIE」を持つエンジニアや、「VMware vExpert」としてVMwareから表彰されたエンジニアも数多く在籍するという実績を持っている。

ところが、同社ではこれまで、エンジニアの持つ全般的なITスキルに関して、特に具体的な指標を定めていなかったという。過去には他のツールを利用して、ITスキルの可視化を試みたこともあるが、実際の業務に必要となるスキルセットと結び付けるのに苦労を重ねていた。そこには、必要となるITスキルのレベルと、実際にエンジニアが持つスキルが、客観的に適合しているかを可視化したいという思いがあった。

cs-sbcas-hagiwara

ICT事業本部 MD本部 C&S技術統括部
統括部長
萩原 敦氏

cs-sbcas-hotta

ICT事業本部 MD本部 C&S技術統括部
ソリューションテクノロジー部
部長
堀田 哲氏

cs-sbcas-kashiwagi

ICT事業本部 MD本部 C&S技術統括部
ソリューションテクノロジー部
技術支援1課 課長
柏木 準也氏

実践に則した結果とITスキル全般の評価がGAIT導入の理由です

幅広い出題分野で、全般的なITスキルを評価するのに最適だと実感しました。私が担当しているネットワークやセキュリティの分野に関してはスムーズに回答できましたが、担当外の分野では今後注力すべき領域も見つけることができました(柏木氏)

そこで、同社が注目したのが「GAIT」だ。萩原氏はその理由について、「全体的なITスキルを評価できる点に加え、IT業界で標準的な技術やプロダクトに関する出題もあり、より実践的な内容になっていたのが採用の理由です。また、当社のお客様の中にもGAITを採用しているケースもあり、客観的な指標となりうるテストだと感じました」と強調する。

試験的に一部のエンジニアがGAITの受験を行い、その結果を精査し、柏木氏をはじめとする同部署に在籍する全エンジニア45名のGAIT受験を決定した。C&S技術統括部 ソリューションテクノロジー部 技術支援1課 課長 柏木 準也氏は、GAITを受験したエンジニアの一人だ。柏木氏は、「幅広い出題分野で、全般的なITスキルを評価するのに最適だと実感しました。私が担当しているネットワークやセキュリティの分野に関してはスムーズに回答できましたが、担当外の分野では今後注力すべき領域も見つけることができました」とGAIT受験の感想を語る。

柏木氏は今回の受験で、GAIT認証レベルの最高位である「Gold」の認定を獲得した。「私たちの業務では、プロダクトやジャンルに特化するだけでなく、IT全般における幅広い知識や技術力が必要です。自分の弱点を知り、そこを高めていくためにもGAITは非常に有効です」(柏木氏)。

cs-sbcas-process

足りない点を知り、そこを高めるためにGAITは有用です

今回、同社の受験結果は、GAIT全体の平均点よりも約100点も高く、通常で受験者全体の1%ほどとなっているGoldの認定者も、同社では3名(7%)という大きく平均を上回る好成績だった。

萩原氏は、「今までお客様から技術力の高さを評価いただいていましたが、それを数値で示すことができて満足しています。」と話す。また堀田氏も、「今後も継続してGAITを受験して、自分の強みや弱みを知り、スキルを高めていくことにつなげていくことが大切です」と付け加える。同社では、中途採用エンジニアのITスキル可視化にもGAITを利用し始めている。

最後に萩原氏は、「IT業界では、エンジニアも多岐にわたって幅広い技術力を持たなければならない時代です。そうした流れに対応できるエンジニアを育成するためにも、GAITを活用していきたいと考えています。メーカーやお客様からも慕われるエンジニアを目指し、さらに進化していきます」と展望を語った。

cs-sbcas-result

※今回お話を聞かせていただいた方々の所属並びに役職は、取材当時のものです。

導入企業情報

  • 会社名: ソフトバンク コマース&サービス株式会社
  • 英文社名: SoftBank Commerce & Service Corp.
  • 本社所在地:
    〒105-0021 東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル
  • URL: http://cas.softbank.jp/
  • 創立: 2014年4月
  • 資本金: 5億円
  • 社員数: 約1,400名
  • 事業内容:
    IT関連製品の製造・流通・販売、
    IT関連サービスの提供

GAITについてのお問い合わせ

GAITの企業や教育機関における導入や導入後の活用と成果、具体的な導入事例など、お気軽にお問い合わせください。

GAIT事務局 03-6408-1737

 9:30 – 17:00 *土日祝祭日を除く