GAITはDX(デジタルトランスフォーメーション)人材に求められるITスキルを可視化するアセスメントツールです。DXを技術で具現化するエンジニア向け「GAIT2.0」、DXで 顧客体験(CX), 従業員体験(EX) に取り組む業務担当者向け「e-GAIT2.0」を展開しており、目的や役割に応じて選択できます。

最新テクノロジーとデータ利活用を追加

クラウドをはじめとする IT インフラから、AI・IoT・データ利活用まで、多様化する IT スキルを網羅した「GAIT2.0」にリニューアルします。

業務担当者向けアセスメント新設

企業におけるDXを推進するには業務担当者にもITリテラシーの向上が求められます。そのために「e-GAIT2.0」を新設します。

GAITのラインアップ

Gait-main-image-gait

GAIT2.0NEW

160問 / 60分

DXエンジニア向け

8,500円(税込9,350円)/人

Gait-main-image-egait

e-GAIT2.0NEW

80問 / 30分

DX業務担当者向け

2,100円(税込2,310円)*/人

Gait-main-image-oldgait

GAIT

176問 / 65分

インフラエンジニア向け

8,500円(税込9,350円)/人

※2022年3月サービス終了

*2021年12月末までのキャンペーン価格です。キャンペーン終了後、e-GAIT2.0の価格は、3,000円(税込3,300円)/人となります。

DX時代に必要な技術トレンドを網羅 

クラウドをはじめとする IT インフラから、 AI・IoT・データ利活用まで、多様化する IT スキルを網羅

インフラストラクチャ(ハードウェア系)

ハードウェアで構成されるストレージ、ネットワーク、サーバーなどインフラストラクチャー技術に関わる知識、実装など。

OS & ミドルウェア(ソフトウェア系)

Linux、WindowsなどのOSおよびデータベースなどのミドルウェアに関わる知識、実装など。

アプリケーション

アプリケーションの設計、プログラミング言語による実装および開発プロセスに関わる知識など

クラウド

SDx、クラウドベンダーの提供するマネージドサービス、構成自動化などに関する知識、実装など。

セキュリティ

セキュリティの要素技術、インフラ・クラウド、およびDXに関するセキュリティの知識、実装など。

DX 技術

機械学習、深層学習などの解析手法、およびIoTの知識、実装など。また、関連する数学・統計学の知識およびプログラミング言語とライブラリなど。

DX 利活用

製造、小売/飲食、医療、金融、農林、運輸、土木、社会インフラなどの産業分野、IoT、AIのさまざまなデータ・技術活用とビジネス実装の知識など。

比較表

GAIT2.0 e-GAIT2.0
問題数 160問 80問
時間 60分 30分
満点 990点 300点
出題レベル
  • 用語の理解
  • 基本的な使い方
  • 応用的な使い方
  • トラブルシューティング/チューニング
  • 用語の理解
  • 基本的な使い方
受験対象者 エンジニア 業務担当者
スキルマーク あり なし
受験料 8,500円(税込9,350円) 2,100円(税込2,310円)*

*2021年12月末までのキャンペーン価格です。キャンペーン終了後、e-GAIT2.0の価格は、3,000円(税込3,300円)/人となります。

最新のアセスメントサマリー

DX時代のエンジニアに必要とされるITスキルが、スコア表示で一目瞭然!

GAITの試験結果は、スコアとレーダーチャートによって可視化されるため、得意分野・不得意分野をすぐに把握できるため、人材育成計画や、継続的な学習の指針として活用することができます。

GAITを今すぐ受験する

GAITは、インターネット経由で、すぐに受験することができます。

GAITを企業に導入する

実務での即戦力を把握し、公平な人事評価と適切な育成計画を実現

GAITについてのお問い合わせ

GAITの企業や教育機関における導入や導入後の活用と成果、具体的な導入事例など、お気軽にお問い合わせください。