GAITが企業に選ばれる理由

時代の変化に応じたITスキルアセスメントを正確かつ効率的に実施

ITスキルを正確に把握し、客観的かつ効率的に評価を実施

現状のITスキルの可視化と評価を、正確かつ効率的に実施できていますか?
GAITは、合否を判定する資格試験ではなく、IT全般の幅広い分野の基礎知識と経験をスコアによって可視化するアセスメントツールです。現状のITスキルレベルを、客観的かつ効率的に把握することができるため、測定や評価そのものに必要なリソースを大幅に削減することができ、継続的な運用が可能です。

スコアを人事や採用の評価基準として活用

エンジニアの人事評価や採用基準において、適切な評価を実施できていますか?
社員のモチベーションを高めつつ適切な人事評価を実施するためには、客観的かつ公平性のある指標で評価を行う必要があります。GAITのスコアを人事評価の統一指標として採用することで、公平性の確保と同時に、評価プロセスの効率化が可能です。採用においても、応募者の現状のスキルレベルを、正確に把握できるようになります。

新規事業に必要な技術分野を強化

事業計画に沿った適切な人材開発計画を実施できていますか?
GAITは、IT全般の幅広い知識と経験を分野とカテゴリごとにスコアによって可視化します。そのため、得意・不得意分野を、個人、部門、職種ごとに把握することができ、新しい事業領域において必要とされるスキルの習得を目的として、適切な人材開発計画の立案をサポートします。また、継続的にGAITを受験することで、プラン実行後の成果を、適切に評価することができます。

継続的な学習をサポート

GAITを、全社または部門で導入し、全体のスコアとサマリーを開示することで、個人がスキルアップを継続しやすい雰囲気づくりをサポートします。それぞれのエンジニアが、全体の中での現状の自分のスキルレベルを知り、得意・不得意分野を把握することで、明確な目標を設定した学習が可能となります。これにより、部門全体、会社全体のスキルレベルの底上げが実現します。
reason_005-02

クラウドに必要な技術要素を網羅

クラウドコンピューティング、そして、その基本的な技術要素のひとつである仮想化などの技術分野を取り扱うためには、特定の分野や製品・サービスだけでなく、IT全般に対する幅広い知識や経験が求められます。GAITは、7つの分野、22のカテゴリを網羅しており、複数の技術分野をカバーするクラウド時代のエンジニアの育成にも最適です。

導入事例

GAITの企業における具体的な活用例や導入効果などを、紹介しています。

企業向けオンライン団体受験

受験とスコアを管理者が一元管理

GAITについてのお問い合わせ

GAITの企業や教育機関における導入や導入後の活用と成果、具体的な導入事例など、お気軽にお問い合わせください。

GAIT事務局 03-6408-1737

 9:30 – 17:00 *土日祝祭日を除く